呑む

  1. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】

    甘き花呑みて緋鯉となりしかな)坊城俊樹)お酒はあんまり飲まない。アイスのほうが美味しくて、赤城乳業のかじるバターアイスは最高だと思う。飲み会にもあんまり行かない。お金は払っているのでここぞとばかりに…

  2. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】

    ひら/\と猫が乳吞む厄日かな秋元不死男今日は二百十日。立春…

おすすめ記事

  1. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  2. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  4. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  5. 【秋の季語】小鳥来る

Pickup記事

  1. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  2. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】
  3. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  5. 鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉【季語=鶯(春)】
PAGE TOP