命令形

  1. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】

    啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ磯貝碧蹄館(『道化』)浅蜊は、春の季語である。桜貝が海辺を染める頃より採られ始める。母方の実家が茨城県の大洗近くであったため、ゴールデンウイークには潮干狩に出掛けた。ま…

  2. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】

    恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ中村憲子 遅刻癖のある男…

  3. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】

    八月は常なる月ぞ耐へしのべ八田木枯宇多喜代子の「八月の赤子…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】林檎
  2. 【夏の季語】夏至
  3. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  4. 【春の季語】蜷
  5. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット

Pickup記事

  1. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  2. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  3. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  4. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  5. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
PAGE TOP