喩え

  1. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二

    ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ井伏鱒二三月のこの頃になると不意に思い出す一節である。これは『厄除け詩集』の「訳詩」の章に掲載されている一節で、于武陵の「勧酒」を井伏な…

おすすめ記事

  1. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  3. 【冬の季語】蕪
  4. 【夏の季語】額の花
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  2. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  3. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  4. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  5. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
PAGE TOP