大野朱香

  1. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】

    飯蛸に昼の花火がぽんぽんと大野朱香いやはや、ぎっくり腰であります。今朝洗濯ものを干すために何気なく前屈みになった途端の「う、やっちまった」……。この感じ、経験者ならお分かり頂けるでせう。痛い…

おすすめ記事

  1. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
  2. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】
  3. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  4. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  5. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】

Pickup記事

  1. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  2. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】
  3. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  4. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】
PAGE TOP