如月

  1. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】

    死はいやぞ其きさらぎの二日灸)正岡子規)下五が春の季語。この「二日」とは陰暦二月二日のことで、新暦だと今年は三月四日。もうすぐである。なんでも、この日に灸をすえると効能が倍になるんだとか(陰暦八月二…

  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット

    卵のココットŒuf cocotte卵のココット。…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】浜下り
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  3. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  4. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  2. 【毛の俳句】
  3. 【秋の季語】秋山
  4. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  5. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
PAGE TOP