連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット


卵のココット

Œuf cocotte


卵のココット。

一人ぶんサイズの耐熱カップに、スモークサーモンを敷き込んで卵を割り落とし、サワークリームをのせてオーブンで焼きました。

その時々で、ハムやマッシュルーム、生クリームやチーズなど、ありあわせ食材で作れるお手軽卵料理です。

バターを塗ってカリッとトーストしたバゲットを添えれば、軽い食事にもワインのおつまみにも。

今年は春一番がずいぶん早く吹きましたね。

見た目もかわいい卵のココットは、早春の気分に何となくぴったりな気がします。

きさらぎや子供がむいてうで玉子  小澤碧童

季語【如月】【きさらぎ】【春一番】【早春】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月2日配信分】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】雪折
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  3. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  4. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  6. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  7. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】
  8. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  9. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  10. 浜風のほどよき強さ白子干す 橋川かず子【季語=白子干す(春)】

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  2. 【春の季語】遠足
  3. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  4. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  5. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  6. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
  7. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  8. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~
  9. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  10. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
PAGE TOP