容れる

  1. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

    田螺容れるほどに洗面器が古りし)加倉井秋を)小学生の頃、下校途中に用水路があって、そこがしばしば私たちの遊び場だった。その日も、誰彼となく子供達が集まって、水中のメダカやおたまじゃくし、ヤゴなどを見…

  2. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】

    さへづりのだんだん吾を容れにけり石田郷子囀(さえず)りは春…

おすすめ記事

  1. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  3. 【新年の季語】注連の内
  4. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  5. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】

Pickup記事

  1. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  2. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  4. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  5. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
PAGE TOP