小川双々子

  1. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】

    のこるたなごころ白桃一つ置く小川双々子(『小川双々子全句集』1990年)第三句集『くろはらいそ』所収の句。状況の情報がないとよくわからない句である。「のこる」と形容された「たなごころ」はどこか物質的…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬
  2. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  4. 【春の季語】石鹸玉
  5. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】

Pickup記事

  1. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  2. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  3. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  4. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  5. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
PAGE TOP