山本健吉

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】

    【第7回】集まる芸の「心」と「かたち」盛夏の茶事  水無月も鼻つきあはす数寄屋哉  凡兆 旧暦六月は今の七月に相当する酷暑の時期。そんな中、茶室の狭さでは、「鼻をつきあはす」ようだ、というわ…

  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】

    【第5回】茶花の心「即興」対「構成」「造型」 感動と表現と…

  3. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】

    あたゝかな雨が降るなり枯葎正岡子規(高浜虚子選『子規句集』岩波文庫)…

  4. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)

    人間ならざるものの方へ――中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)…

おすすめ記事

  1. 蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥【季語=蝌蚪(春)】
  2. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  4. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  5. 【夏の季語】蜘蛛の糸

Pickup記事

  1. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  2. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  3. 【秋の季語】運動会
  4. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  5. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
PAGE TOP