岩波書店

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之

    伊藤医院の息子 ――伊那男今井康之(岩波書店社友)伊藤医院の息子が神田神保町という所で居酒屋をやっているようだ、顔を出してみてくれ。故郷伊那谷から、このニュースが飛び込んできたのは5、6年前のことだ。駒ヶ根…

おすすめ記事

  1. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  2. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  3. 【春の季語】春の雨
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  5. 【冬の季語】鬼やらう

Pickup記事

  1. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  2. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  3. 【冬の季語】凍る
  4. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  5. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
PAGE TOP