巣箱

  1. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 

    人のかほ描かれてゐたる巣箱かな)(藤原暢子藤原暢子さんの第二句集『息の』(文學の森)より。巣箱というのはよく考えると不思議なものだ。人の手によって作られた巣箱が樹木にとりつけられ、野性の鳥の…

  2. 【春の季語】巣箱

    【春の季語=三春(2月〜4月)】巣箱春になって気温が上昇してくると…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】雛飾る
  2. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  4. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  5. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】

Pickup記事

  1. 恋人はめんどうな人さくらんぼ 畑耕一【季語=さくらんぼ(夏)】
  2. 【新年の季語】門の松
  3. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  4. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  5. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
PAGE TOP