廣瀬直人

  1. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】

    個室のやうな明るさの冬来る廣瀬直人この作者の作としては、大柄で格調高い句、たとえば「夕暮は雲に埋まり春祭」や「葱伏せてその夜大きな月の暈」、「大年の嵯峨清涼寺闇に入る」などがその評価の中心だと思って…

  2. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】

    氷上の暮色ひしめく風の中廣瀬直人具体物は「氷」くらいであっ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  3. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  5. 【夏の季語】玉虫

Pickup記事

  1. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  4. 鰡と鯊どちらにされるかを選べ 関悦史【季語=鰡(秋)・鯊(秋)】
  5. 【新連載】歳時記のトリセツ(1)/村上鞆彦さん
PAGE TOP