1. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】

    弟へ恋と湯婆ゆづります攝津幸彦(『鹿々集』) 兄にとって弟は最初のライバルである。長男であればなおさらだ。母親の乳房も時間も全て自分のものだったのが、ある日突然奪われてしまうのだ。弟の出産により、親…

おすすめ記事

  1. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  2. 【春の季語】椿
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  4. 【春の季語】うららか
  5. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春寒し
  2. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  4. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  5. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】
PAGE TOP