彎曲

  1. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太

    彎曲し火傷し爆心地のマラソン金子兜太(『金子兜太句集』1961年)言わずと知れた、と言ってもいいのではないかと思われる、金子兜太の代表句であるが、これが兜太のサラリーマン生活の副産物であることは案外…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  2. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
  3. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  4. 【冬の季語】鬼やらい
  5. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  3. 【秋の季語】秋めく
  4. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  5. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
PAGE TOP