思い沈む

  1. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】

    思ひ沈む父や端居のいつまでも石島雉子郎(いしじま・きじろう))(管理人から)フランスの三十七度か何かを、「へー」なんて聞いていたら、東京もあっという間に梅雨明けして、同じような気温でさらには高湿な数…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP