戻る

  1. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】

    手袋に切符一人に戻りたる浅川芳直人は一人で生まれ、一人で死んでゆく。人生の大半は家族や仲間と一緒に過ごすが、生涯の始まる前と終わった後は一人なのだ。様々な別れも、もともとは一人だったのだから…

  2. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 

    さくら餅たちまち人に戻りけり)渋川京子気候はまさに三寒四温…

  3. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】

    せんそうのもうもどれない蟬の穴豊里友行窓を開けておくと当然…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】旧正月
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月18日配信分】
  3. 【冬の季語】おでん
  4. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  5. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】

Pickup記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  2. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  3. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
  4. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】
  5. 【秋の季語】朝顔
PAGE TOP