手の甲

  1. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】

    手の甲に子かまきりをり吹きて逃す)土屋幸代(「蒼海14号」より)晩秋に樹の枝に産みつけられた蟷螂の卵は、5月ごろに孵化し、たくさんの子蟷螂が生まれる。子蟷螂はミニチュア蟷螂といった風貌でかわいい。虫…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  2. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  3. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  5. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】

Pickup記事

  1. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】
  4. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】
  5. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
PAGE TOP