抱きしめる

  1. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】

    抱きしめてもらへぬ春の魚では夏井いつき(『伊月集』)春の魚というと鰊(にしん)や公魚(わかさぎ)、桜鯛などが思い浮かぶ。確かに抱きしめるほどの大きさではない。鰆(さわら)になると1メートルを超すこと…

おすすめ記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  2. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  3. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
  4. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  5. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】

Pickup記事

  1. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  2. 【冬の季語】おでん
  3. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  4. 【夏の季語】蝸牛
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
PAGE TOP