押してゆく

  1. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】

    白萩を押してゆく身のぬくさかな)飯島晴子 両側から萩が、「押してゆく」だけの量感をもってせりだしてくる狭い道。それは温度感覚で言えばつめたくもあたたかくもないだろうが、強いて言えば包まれている感じは…

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  2. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  3. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  4. 【秋の季語】松茸
  5. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】

Pickup記事

  1. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  3. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  4. 【冬の季語】人参
  5. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
PAGE TOP