1. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦

     炎ゆる 琥珀の神の    掌(て)の 襞  ひらけば  開く    歴史の 喪章湊喬彦(風の花冠文庫『俳句詞華集 多行形式 百人一句』)あえて初出時の筆名を…

  2. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

    男欲し昼の蛍の掌に匂ふ小坂順子当該句は上五の「男欲し」に驚…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  2. 【春の季語】風光る
  3. 【冬の季語】春隣
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
  5. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】

Pickup記事

  1. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  2. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  3. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  5. 【春の季語】雨水
PAGE TOP