故郷

  1. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 

    故郷のすすしの陰や春の雪)(原石鼎 (昭和10年作)ついに島根へ降り立った。穏やかな街で、これから素敵な暮らしが出来そうであり、ワクワクしている。と言いつつ、まだホテル暮らしである。今日は、…

  2. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】

    大寒の一戸もかくれなき故郷飯田龍太(『童眸』)大寒といえば…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  2. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  3. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  4. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  3. 【冬の季語】一月
  4. 【冬の季語】探梅行
  5. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
PAGE TOP