日蝕

  1. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】

    日蝕の鴉落ちこむ新樹かな石田雨圃子(いしだ・うほし)休み明けと同時に腰痛が出たりして、平日とは実に過酷なものですね。それでも、ときどきはいい風の吹く日があって、本当にその風にはいろいろの(わが家だと…

おすすめ記事

  1. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  2. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  3. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】
  4. 【新年の季語】松の内
  5. 【春の季語】ヒヤシンス

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬の滝
  2. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  3. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  4. 【夏の季語】入梅
  5. 【新年の季語】春七種(春七草)
PAGE TOP