1. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】

    春は曙そろそろ帰つてくれないか櫂未知子女の部屋で一夜を共に過ごした二人に明け方が訪れる。ついこの間まで真っ暗だった時刻だのにカーテン越しの空がうつらうつらの瞼に白さを映す。甘やかな後朝。だのに、女は…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】葉桜
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  3. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  4. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  5. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】屋根替
  2. 【冬の季語】掘炬燵
  3. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  4. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  5. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
PAGE TOP