書かれる

  1. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】

    ばばばかと書かれし壁の干菜かな高濱虚子(『五百句』)虚子にこういう句があって、ちょっと笑ってしまう。出だしの「ばばば」も可笑しいが、「か」を軸とする「あ」母音の生み出すリズムが軽やかで、向日性がある…

おすすめ記事

  1. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  2. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
  4. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】

Pickup記事

  1. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  2. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  3. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  4. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  5. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
PAGE TOP