松尾隆信

  1. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】

    きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて松尾隆信構図としては、動物園のキリンが「うろこ雲」をたべて生き長らえているとしたところが楽しい句である。ただし、べつに魚の「うろこ」を食べているわけではなく(そ…

おすすめ記事

  1. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  2. 手繰るてふ言葉も旨し走り蕎麦 益岡茱萸【季語=走り蕎麦(秋)】
  3. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【16】/寺澤佐和子(「磁石」同人)
  5. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】

Pickup記事

  1. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  2. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】
  3. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  5. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
PAGE TOP