松葉屋

  1. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】

    松葉屋の女房の円髷や酉の市久保田万太郎(『流寓抄』)三の酉のある年は、火事が多いとの言い伝えがあるが、今年の酉の市は二の酉まで。火事も感染爆発もなく新年を迎えたいものである。酉の市といえば浅…

おすすめ記事

  1. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  2. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  3. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  5. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(冬)】

Pickup記事

  1. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】
  2. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  3. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  4. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 
  5. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
PAGE TOP