1. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】

    柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石(明治33年12月26日正岡子規宛書簡)夏目漱石は、明治33年熊本五高在職中に英国留学の官命を受け、同年10月末にロンドンに着く。掲句は、それからまもないクリスマスを…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP