棕梠

  1. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】

    棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌秋元不死男(「氷海」昭和31年6月号)去る5月30日は嶋田青峰の忌日だった。秋元不死男は青峰の直弟子であり、この句は十三回忌の法要が営まれた谷中の本寿寺で読み上げられたもの…

おすすめ記事

  1. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】
  2. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  4. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  5. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】

Pickup記事

  1. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  3. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  4. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
  5. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
PAGE TOP