1. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】

    春星や言葉の棘はぬけがたし)野見山朱鳥) 怪我の多い生涯を送ってきました。 これはご存じ『人間失格』(太宰治)のパロディでありおふざけですが、冗談を抜きにしても私は生まれてこのかた怪我ばかり…

おすすめ記事

  1. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  3. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  4. 【夏の季語】草いきれ
  5. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】

Pickup記事

  1. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  2. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  3. 【#14】「流れ」について
  4. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  5. 【冬の季語】冬に入る
PAGE TOP