1. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】

    夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく)堀本裕樹『一粟』駿河台出版社2022年本連載の最終回に、私が所属する「蒼海」の堀本裕樹主宰の句を鑑賞してみたい。堀本先生の作品について何か書くのは、これが初めてである。…

  2. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】

    捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空飯田蛇笏))ゴミ回収の規則に従…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春灯
  2. 【新年の季語】餅花
  3. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  4. 逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト

Pickup記事

  1. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  2. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  3. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  4. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  5. 【秋の季語】八月
PAGE TOP