1. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】

    気が変りやすくて蕪畠にゐる)飯島晴子 以前、内界と外界という話で掲句に言及したことがあるが、別の意味でもいかにも晴子らしい句である。それはすなわち、蕪畑の整然とした、そしてひんやりとした空間を基盤に…

おすすめ記事

  1. 【#26-2】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  3. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  4. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  5. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  2. 少年の雨の匂ひやかぶと虫 石寒太【季語=かぶと虫(夏)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  4. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  5. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
PAGE TOP