水津達大

  1. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】

    紀元前二〇二年の虞美人草水津達大最近ぐんぐん暖かくなって、近所の雑草がいい感じに繁っている。街路樹の根元とか、中央分離帯とか、草の生えているところはどこも賑やかだ。フランスを代表する花は青い…

おすすめ記事

  1. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  2. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  3. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一

Pickup記事

  1. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  2. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  3. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】
  4. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  5. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
PAGE TOP