永久

  1. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】

    天高し深海の底は永久に闇中野三允(『三允句集拾遺・俳遍路』)変な句である。「天」と「深海」なのでわかりやすすぎる取り合わせ。しかも中七下五(正確には字余りの破調。「永久」を「とわ」と読めば中八、「え…

おすすめ記事

  1. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  2. 【冬の季語】夕霧忌
  3. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎

Pickup記事

  1. 【秋の季語】曼珠沙華
  2. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  3. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  4. 【冬の季語】梅早し
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月9日配信分】
PAGE TOP