河原枇杷男

  1. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】

    誰かまた銀河に溺るる一悲鳴河原枇杷男(『蝶座』)銀河は、織姫と彦星の間に横たわる星の逢瀬の川である。3年前、8月の終わりに長野県の鹿教湯温泉にて見た天の川は、くっきりと川の形状をしており、流れ星も交…

おすすめ記事

  1. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  2. 【第21回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 【夏の季語】泉
  4. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  5. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  2. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  3. 【夏の季語】クーラー
  4. 【春の季語】杉の花
  5. 【春の季語】春時雨
PAGE TOP