河野南畦

  1. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】

    青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ)河野南畦「青葉冷え」は出会った時から気になっていたものの使ったことがない季語である。個人的な理由としては、音が面白すぎるのだ。「ばび」が強い。「あおばびえ」は筆者にとって…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】昼寝
  2. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  4. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  5. メロン食ふたちまち湖を作りつつ 鈴木総史【季語=メロン(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  2. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  3. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  4. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】
  5. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
PAGE TOP