渡辺花穂

  1. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)

    思い切りよく、繊細に――渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)堀切克洋(「銀漢」同人)俳人には、それぞれに「普段着のような言葉」がある。その人にとって、縁の深いことばと言い換えてみてもよい。  芽吹き初む…

おすすめ記事

  1. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  2. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】
  3. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  5. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】

Pickup記事

  1. 【書評】鈴木牛後 第3句集『にれかめる』(角川書店、2017年)
  2. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  3. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  4. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  5. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
PAGE TOP