1. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】

    鳥の恋漣の生れ続けたる中田尚子))近所の鳥たちがそわそわし始めた。四十雀が青空のどこかで鳴いている。いつもは一羽で歩き回っているセキレイとつかず離れずの距離を保って別の一羽がいる。雄の鳩がくるっくく…

おすすめ記事

  1. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  2. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  3. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  4. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  5. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久

Pickup記事

  1. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  2. 【冬の季語】豆撒く
  3. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  4. 【夏の季語】泉
  5. 【秋の季語】椎茸
PAGE TOP