火傷

  1. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太

    彎曲し火傷し爆心地のマラソン金子兜太(『金子兜太句集』1961年)言わずと知れた、と言ってもいいのではないかと思われる、金子兜太の代表句であるが、これが兜太のサラリーマン生活の副産物であることは案外…

おすすめ記事

  1. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】
  2. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  4. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  5. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】

Pickup記事

  1. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  3. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
  4. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  5. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
PAGE TOP