煙る

  1. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】

    黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる宇多喜代子(『宇多喜代子俳句集成』)故郷の家のすぐそばに潮の上がってくる川があって、子どもの頃に釣りなどをしてさんざん海や川に親しんで育ってきた経験からの勝手な印象なのだ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
  3. 【冬の季語】炬燵
  4. 【春の季語】雁帰る
  5. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】立冬
  2. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】
  3. 【新年の季語】松飾
  4. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  5. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
PAGE TOP