片岡奈王

  1. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】

    突として西洋にゆく暖炉かな片岡奈王(かたおか・なおう)まさとし))毎年この時期に受ける人間ドックも済んで、思い当たる節のあるひととおりの数値は想定範囲、今年から始まった食事指導でも「赤身を食べよ」と…

おすすめ記事

  1. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  4. 【冬の季語】忘年会
  5. 【新年の季語】初夢

Pickup記事

  1. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート
  3. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  4. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  5. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
PAGE TOP