1. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

    犬去れば次の犬来る鳥総松大橋越央子(おおはし・えつおうし))まさとし)) 半分を過ぎた頃から、急に日が過ぎるのが遅くなった気がする一月、本格的な寒がやってまいりました。 とにかく、安全を第一…

  2. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】

    寒木が枝打ち鳴らす犬の恋西東三鬼(『変身』) 猫の恋は春の…

  3. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

    犬の仔のすぐにおとなや草の花広渡敬雄公園へ向かってなだらか…

  4. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】

    胴ぶるひして立春の犬となる鈴木石夫今日は〈立春〉。二十四節…

  5. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】

    敷物のやうな犬ゐる海の家岡田由季カーペットのようなふさふさ…

おすすめ記事

  1. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  2. 【冬の季語】手袋
  3. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月5日配信分】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
  2. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  3. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
PAGE TOP