1. 【冬の季語】狐

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】狐【ミニ解説】古来、日本で「狐」といえば、アカギツネの亜種ホンドギツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。夜行性。夜間に鳴きながら徘徊する。…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  2. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  3. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  4. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  5. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)

Pickup記事

  1. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  2. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  3. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  5. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】
PAGE TOP