現れる

  1. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】

    茄子もぐ手また夕闇に現れし吉岡禅寺洞(『吉岡禅寺洞 俳句全集』暁光堂俳句文庫)読んで意味のわからない句ではない。が、「また夕闇に現れし」という措辞からは、おもわず、茄子泥棒!などと不穏なことを思って…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  2. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  3. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  4. 【新年の季語】雑煮
  5. 秋櫻子の足あと【第8回】谷岡健彦

Pickup記事

  1. 【秋の季語】立秋
  2. 【春の季語】春の雪
  3. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  4. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  5. 【冬の季語】枯木立
PAGE TOP