琥珀

  1. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦

     炎ゆる 琥珀の神の    掌(て)の 襞  ひらけば  開く    歴史の 喪章湊喬彦(風の花冠文庫『俳句詞華集 多行形式 百人一句』)あえて初出時の筆名を…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】田遊
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  3. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  4. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  5. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】

Pickup記事

  1. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  2. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  3. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  4. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
  5. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
PAGE TOP