1. 数と俳句(三)/小滝肇

    数と俳句(三))小滝肇数詞はそれ自体に他の品詞にない異和感があって、十七文字の俳句の中ではとりわけ存在感を放つ、とは第一回の拙文にも書いた。数詞の本来の役割は、数量や順番を具体的に示す事だが、十進法…

  2. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(…

おすすめ記事

  1. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  2. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  4. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  5. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】寒の内
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  5. 【冬の季語】春近し
PAGE TOP