真中

  1. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】

    やがてわが真中を通る雪解川正木ゆう子句の細部に目が留まる前に、言葉の調子で読ませきってしまうようなところがある。言葉ひとつひとつを丹念に読みにかかる前に魅了してしまうというのは、やはり凄みがある。…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  3. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ
  2. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
  5. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】
PAGE TOP