石川桂郎

  1. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】

    あまり寒く笑へば妻もわらふなり)石川桂郎 笑うことと泣くこと。スイッチは反対側についているが体の中で起きている現象は同じだと思う。 高校時代のある日の放課後、ふとした折に笑いが止らなくなった…

  2. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】

    昼酒に喉焼く天皇誕生日石川桂郎今日は令和になって二度目の天…

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  2. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  3. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】
  4. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  5. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

Pickup記事

  1. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  2. 【冬の季語】雪掻
  3. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  5. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
PAGE TOP