磯貝碧蹄館

  1. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】

    啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ磯貝碧蹄館(『道化』)浅蜊は、春の季語である。桜貝が海辺を染める頃より採られ始める。母方の実家が茨城県の大洗近くであったため、ゴールデンウイークには潮干狩に出掛けた。ま…

おすすめ記事

  1. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  4. 【新連載】茶道と俳句 井上泰至【第1回】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀

Pickup記事

  1. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  2. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  3. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  4. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
PAGE TOP