竹久夢二

  1. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】

    紅梅や凍えたる手のおきどころ竹久夢二画家で詩人でもあった竹久夢二の俳句。 青鷺にかりそめならぬ別れかな 跫音をまつ明暮や萩の花 夕立や砂にまみれし庭草履夢二の句にある…

おすすめ記事

  1. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】
  2. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  3. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  5. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】

Pickup記事

  1. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  2. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  3. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  4. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  5. 【冬の季語】雪
PAGE TOP