紅葉

  1. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】

    手を入れてみたき帚木紅葉かな大石悦子(「新版角川俳句大歳時記 秋」)帚木(ははきぎ)はヒユ科(以前はアカザ科)の一年草。ホウキグサとも。実の「とんぶり」は秋の季語だが、帚木は晩夏の季語。掲句は「帚木…

  2. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】

    恋ともちがふ紅葉の岸をともにして飯島晴子(『八頭』)男女間…

  3. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】

    紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵この句、何かの文献中で…

おすすめ記事

  1. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  3. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】
  4. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】

Pickup記事

  1. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  2. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】
  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  5. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
PAGE TOP